今回は、この方について簡単に紹介させていただきます。

 

笹路正徳さんとは?


日本を代表する音楽プロデューサーです。

コブクロ、松田聖子、プリンセス・プリンセスなど、数多くのアーティストをプロデュースを担当しております。

 

年齢


64歳(2019年10月14日現在)
1955年5月3日生まれ

 

出身


群馬県高崎市生まれ

 

略歴


略歴については、下記の通りです。

幼少期:から音楽に興味を持ち、ピアノに触れる
小学時代:ビートルズに憧れ、ギターを弾く
中学時代:ジミー・ヘンドリクスにハマり、ラリー・コリエルを通してジャズを知る
高校時代:東京学芸大学附属高校に入学後、自分を超えるギタリストに遭遇。キーボードに転向する
大学時代:音楽関連企業への就職を志し、慶応義塾大学に進学。ジャズ・研究会にて、ジャズピアノを腕を磨く

アーティスト時代:「マライア」というグループでメジャーデビューを経験。音楽活動を続ける中でプロデューサーとしての才能を見出される

プロデューサー時代:UNICORNなどのプロデュース経験後、1993年にスピッツの初期のプロデュースを担当。最高売り上げを誇る、ヒットソング「ロビンソン」などを手掛ける

 

作風は?


綺麗な情景が想起される個性的な楽曲が多い印象です。

現代においても、心に響くという方が多いです。

 

 

人柄は?


穏やかな口調で優しい雰囲気です。

また、他のアーティストとも仲良く談笑しているところからみても、彼の人望が厚いことが分かります。

 

 

現在は?


現在は、「MusicReview」というグループ名で定期的にバンド活動を行っているようです。

今後も、我々に心に響く楽曲を提供してくれることを期待したいですね。