スポンサーリンク

とある会社に献血車が突然来なくなった理由とは?なぜなのか?意味が分かると怖い?

 

とある会社の付近には、よく献血車が来ていました。

その会社の従業員は、社会貢献への意識が強く、頻繁に献血に参加していたようです。

しかし、献血希望者が多いにもかかわらず、ある日突然、献血車が来なくなりました。

 

献血希望者が多いにもかかわらず、献血車が来なくなった理由とは?

 

その理由とは、献血者の血液の数値の悪化が原因でした。

ある時を境に、数値が基準値内にないので、献血ができない人が多くなりました。

 

では、なぜ悪化したのでしょうか?

 

血液の数値の悪化の原因とは?

 

原因は、働きすぎによる過労だと考えられています。

その会社では、売上が急激に3倍以上伸び、従業員の激務度が増しました。

それと同時に、世間情勢により、働き方改革が必要となりました。

しかし、それは表面上のものでしかなく、現実にはサービス残業が常態化していました。

残業時間は、1日当たり、平均して約1時間30分伸びたと言われています。

 

労働時間が1時間30分伸びた結果、血液の数値の悪化が招かれたと推測されています。

 

最後に

 

労働時間が1時間伸びるということは、予想以上に大きな意味をもつということがわかると思います。

現代は、ブラック企業が多いと言われています。

読者さんの中には、ブラック企業で働いている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、自分を守れるのは自分だけです。

自分にも、家族との時間やリラックスする時間が不可欠であるということを忘れないでください。

 

是非、自分を大切にしてあげてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました