スポンサーリンク

ダブル台風がやばすぎる!2019年、ダブル台風の進路・情報は?合体して大きくなるのか?

 

2019年10月22日に、台風が同時に日本を直撃する可能性があります。

世間では「ダブル台風」と呼ばれ、反響を呼んでいます。

 

ダブル台風の正確な進路情報についてはこちら(Yahoo!NEWS)をご覧ください。

 

世間を脅かす、ダブル台風。

この2つの台風は合体して大きくなるのでしょうか?

 

台風は合体して大きくなるのか?

 

結論からいいますと、2つの台風は合体して大きくなりません。

2つの台風がある程度(1000km以内に)近づいた場合、弱いほうが弱体化してしまいます。

台風の法則「藤原の効果」のひとつ「相寄り型」に該当します。

弱い方の台風が急激に衰弱し、強い方に取り込まれてしまうようです。

 

 

ダブル台風の過去にはどのくらい起きてるのか?

 

・1998年の台風7号と台風8号

・2018年の台風19号と台風20号

 

有名なのは上記2つみたいです。

同時に台風が来る確率はかなり低いようですね。

しかし、近年台風が増加しているので、ダブル台風が来る確率が上がっているのかもしれません。

 

最後に

 

ダブル台風が迫っていますが、台風は合体して大きくならないことを紹介させていただきました。

しかし、台風が2つくるということは、それなりの被害が予想されます。

災害には、しっかりと備えることが必要でしょう。

備えあれば患いなし。

最近台風が多いので、後悔しないように、災害対策を心がけましょう。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました