スポンサーリンク

種を撒かねば、花は咲かない 叶わないからといって、努力を諦めないことの大切さ 同期のサクラ3話

 

本日の同期のサクラ3話において、サクラが同期の百合に良い言葉を投げかけました。

「種を撒かねば、花は咲かない」という言葉です。

「努力しなければ、自分の望むものが手に入らない」という意味です。

 

なぜ、この言葉をかけたのか?

 

百合は、職場の男性社会に嫌気がさしていましたが、職場の人たちに好かれようと、優等生を演じてきました。

また、職場だけでなく、家庭でも、親に合わせて生きてきました。

百合は、周りの理想像であろうとし続けたのです。

しかし、本人はそれにストレスを感じ、家庭にも、職場にも、自分に本当の居場所はないと考えていました。

 

そのことを察したサクラは、百合に対して「種を撒かねば、花は咲かない」と言葉を投げかけました。

居場所がないなら作ればいいということです。

 

自分に居場所がない現状を辛いといってるだけで、何も努力していない。

だからこそ、「種を撒かねば、花は咲かない」という言葉を投げかけたのでしょう。

 

最後に

 

「種を撒かねば、花は咲かない」

この言葉に、筆者は胸をうたれました。

自分の今の現状を辛いと言っているだけでは改善しません。

辛いという現状があるのなら、それを少しでも改善できるように努力すべきだということを改めて教えられました。

 

皆さんは、どうでしょうか?

今、苦しい状況の方もいらっしゃると思いますが、「種は撒けて」いますか?

もし、種を撒けているのなら、あなたの人生はきっと好転するはずです。

諦めず、種を撒き、育て、花を咲かせましょう!

良い未来が待っているはずです。

 

人生で一番辛いのは自分にウソをつくことだ 同期のサクラのおじいちゃんの言葉
タイトルとURLをコピーしました