スポンサーリンク

不登校が遂に「futoko」というワードで海外メディアで取り上げられ、Twitterで話題に!!過労死(karoshi)に引き続き、ネガティブな日本語が英単語に!!

Twitter

 

不登校が「futoko」というワードで海外メディアに取り上げられ、Twitterで話題となっています。

それがこちらです。

 

https://twitter.com/InNadeshikoWay/status/1209203381744484353

 

ツイートの内容は?

 

海外メディアが取り上げた不登校に関する記事がツイートされています。

ご覧の通り、日本で問題になっている不登校が「futoko」という固有名詞として記載されています。

このようなネガティブな日本語が英単語になったことに対して、様々な意見が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。

 

世間の反応は?

 

「日本人は悲しいなぁ」

「恥ずかしい日本語が公認されましたね。」

「新しい英単語増えた(めっちゃ悪い意味で)」

「futoko、こう表記されるのはこの国の教育現場が特異である証」

などの声があがりました。

 

やはり世間では、futokoという英単語が誕生したことに対して悲しむ声が多く見られました。

また、日本の教育システムは海外とは比較して異質なのかもしれないという声も見られました。

 

最後に

 

今回は、不登校が「futoko」というワードで海外メディアに取り上げられたことをご紹介させていただきました。

以前は過労死が「karoshi」として海外メディアに取り上げられ話題になりました。

このようなネガティブな日本語が新しい英単語として誕生するのは、日本人として少し悲しいですよね。

しかし、客観的に見てこれらの現状の問題を改善していく必要があるというのは事実です。

海外メディアは、このようなネガティブな日本語を紹介することで、日本への問題提起をしているのかもしれません。

海外から見て異質な日本の文化を今後どのように修正していくのかを考えなくてはいけません。

タイトルとURLをコピーしました